道路を整えるのなら舗装工事のプロに依頼しよう

層ごとの工事です

道路の舗装工事は、表面のアスファルト工事以外の路体や路床などの土の部分や、路盤の部分の各層をしっかりと施工することが大切です。特に、雨などが降ったら、しっかりと水分が抜けたか確認しながら、次の施工に移ることが必要です。

よい舗装道路を作るために

舗装工事は道路の支えとなる路床を作るところから始まり、砕石を敷き詰める路盤工、路盤への浸水を防ぐプライムコートなど段階を追ってなされます。クライマックスのアスファルト舗設では、基層部分、表層部分ともに手際よく美しく仕上げていきます。

使っていない土地の活用法

使わない土地の活用法の一つが駐車場です。この駐車場の舗装工事は、まず土地のすき取りや盛り土、砕石を敷いての転圧によって耐久性を高めます。その後、アスファルトやコンクリートといった舗装を行います。比較的短期間で終わる工事なので、使わない土地の利用法として考えてみてはいかがでしょうか。

舗装の種類と費用

ヘルメットを持つ人

アスファルト舗装が人気

駐車場にするための舗装工事は種類がたくさんあり、工事を行うときの費用も舗装の種類によって変わります。最も安い費用で舗装工事できるのが砕石を敷き詰める方法で、ホコリや水はねを防ぐ事ができます。砕石を敷き詰める舗装工事は費用は安いですが、定期的に砕石を追加する必要があり、メンテナンス費用は他の工事よりも高くなります。駐車場の舗装工事として人気のあるのがアスファルト舗装で、費用は安く短期間で施工できる特徴があります。アスファルト舗装は車両が通行するときの音が静かで、施工が終わってから1日あれば使用する事ができます。最近はアスファルト舗装の中にも色々な種類があり、透水性の良いタイプや耐久性の高いタイプなど、特徴のあるアスファルトが人気です。舗装工事の費用が高いのがアスファルトに特殊な塗料を混ぜることによって、希望の色で舗装できるカラーアスファルトです。カラーアスファルトは通常のアスファルトと比べて目立つため、使い方次第では色々な役割を果たします。コンクリート舗装はアスファルト舗装よりも費用は高いですが、強度が強いため重い荷重にも耐えられます。また暑くなりやすいアスファルト舗装と比べて、コンクリート舗装は夏でも暑くなりません。ただしコンクリート舗装は解体するときに費用が高くなるため、取り壊す予定があるときにはアスファルト舗装の方が適しています。その他の舗装工事ではインターロッキングがあり、費用は高額になりますが高級感を出す事ができるため、住宅や店舗の近くに施工する舗装として最適です。